ビルマ語を学習

ビルマ語は、約 5,300 万人の人口を擁するミャンマー(旧ビルマ)の公用語で、多民族国家ミャンマーの共通語として学校教育用語にもなっています。国の半分以上の3,200万人の第一言語であり、約1,000万人が第二言語として話しています。

ビルマ語を学習uTalkを使って
uTalk language logo
Planet Earth

話される国

ミャンマー

People Talking

話者数

33,000,000

Family Tree

語族

シナチベット語族

チベット・ビルマ語派

ングウィ・ビルマ語族

ビルマ語派

Arrow facing left to cycle backwards through text
Play sample text audio Play sample text audio
Arrow facing left to cycle forward through text

ここが面白い — ビルマ語

  • ビルマ語で「行って、来て、飲む、食べる、生きる」は「いつものようにする」を意味します。
  • ビルマ語を文字で書くと、単語の間にスペースは必要ありません。
  • ビルマ語には古代のアルファベットがありますが、発音されない文字もあります。「Myanmar」は実際にはビルマ文字では「Mranmar」と綴られています。
  • ビルマ語の文字は曲線で書かれています。昔は葉っぱに書いて、直線で書いたら葉っぱが破けたからです。  

uTalkを使って3千万以上のお客様が新しい言語を学びました。

Treasure

60以上のトピックに日常会話で使う2500以上の単語とフレーズが入っています

Native Speakers

スピーキング練習して発音をネーティブスピーカーと比較します

Games

ゲームを使って学ぶのは直感的で楽しい