スペイン語 (ラテンアメリカ)を学習

ラテンアメリカの人口の約60%が母国語としてスペイン語を話します。これは、世界中のスペイン語話者の大部分を占めています-約4億7000万人のうち約4億2000万人。ラテン語から派生したスペイン語は、イタリア語、ポルトガル語、カタロニア語に類似しています。スペイン語の話方は国によって異なりますが、アルゼンチンのスペイン語は特に独特の語彙とアクセントを持っています。 uTalkは、ラテンアメリカの可能な限り広い領域で理解される単語を選択し、メキシコとホンジュラスのネイティブスピーカーを使用しています。    

スペイン語 (ラテンアメリカ)を学習uTalkを使って
uTalk language logo
Planet Earth

話される国

メキシコ

コロンビア

ペルー

ベネズエラ共和国

チリ

エクアドル

グアテマラ

キューバ

ボリビア

ドミニカ共和国

ホンジュラス

パラグアイ

エルサルバドル共和国

ニカラグア

コスタリカ共和国

プエルトリコ

パナマ共和国

ウルグアイ

People Talking

話者数

418,000,000

Family Tree

語族

インドヨーロッパ語族

イタリック語派

ロマンス語派

Arrow facing left to cycle backwards through text
Play sample text audio Play sample text audio
Arrow facing left to cycle forward through text

ここが面白い — スペイン語 (ラテンアメリカ)

  • ヨーロッパのスペイン語では、zおよびcの文字はiまたはeの前に来ると英語の「t​​h」と発音されますが、ラテンアメリカのスペイン語では「s」と発音されます。
  • 「más loco que una cabra con pollitos」(鶏と一緒にいるヤギより変)は「とても変」を意味します。
  • ラテンアメリカのスペイン語とヨーロッパのスペイン語の言葉の意味がかなり異なります。ラテンアメリカでは「コンピューター」は「computadora」、ジャガイモは「papa」、携帯電話は「teléfonocelular」と言うが、スペイン語では「ordenador」、 「patata」と「móvil」と言います。
  • スペイン語の質問は、「¿Quéhora es?」(「今何時?)のように、末尾に疑問符、先頭に逆さまの疑問符が付いています。 

uTalkを使って3千万以上のお客様が新しい言語を学びました。

Treasure

60以上のトピックに日常会話で使う2500以上の単語とフレーズが入っています

Native Speakers

スピーキング練習して発音をネーティブスピーカーと比較します

Games

ゲームを使って学ぶのは直感的で楽しい